投資信託の相続

相続において、法定相続分に応じて金額を分割することができる債権は、遺産分割手続を待たずに当然に分割されます。

銀行等への預金が代表的な可分債権です。

ただし、銀行実務は相続人ごとの個別の払い出しは認めてないのが実情ですので、通常は遺産分割を経て遺産預金を解約します。

「投資信託」については、預金と同じように銀行に預けてあるという感覚でしょうが、判例は帳簿書類の閲覧謄写請求権や委託者を監督する権利など不可分な権利が規定されている、として、可分債権としない考えをとっています。

遺産分割は長期化する可能性があるので、相続分に応じて引き出したいというニーズは多くなると思います。

コラムブログ スタッフが更新中!