相続税申告期限

相続税申告・納税には被相続人の死亡を知ってから10か月の期限があります。

遺産分割に時間がかかる場合、申告期限内に確定的な申告ができなくなることはよくあります。

その場合でも、10か月の期限内に法定相続分や遺言内容に応じた申告をいったん仮に行うことで、無申告加算税をストップすることができます。

当初の申告期限が経過した後、遺産分割や遺留分減殺が確定してから、修正申告や更正手続きを行うことになります。

仮に申告を行う場合は、遺産から分配を受けないうちに、いったん数10万円から100万円を超える納税が発生するので、資金準備の負担は発生します。

しかし最終的に納税する額は少なくなるので、仮にでも申告を行うことが必要だと思います。

そのような状況では自身で進めるより、税については税理士に、遺産分割等の見通しは弁護士に相談して、早期に見通しを立てて進めるべきです。

やはり、税理士と弁護士の連携が不可欠です。

コラムブログ スタッフが更新中!