預金と遺産分割(最高裁判例変更か)

預金は遺産分割の対象ではなく、相続分に応じて当然に分割される。

意外にもそれが判例の立場で、私の経験する遺産分割調停などでもまとまる見込みが無いケースでは、そのような説明を受けていました。

もっとも、銀行実務では相続人全員の合意無く預金を引き出し、解約することは基本的には応じておらず、判例の考えが実務に反映されているとはいい難い状態でした。

今回変更されるかもしれない判例は、実務の扱いに沿った形になり、相続人間の合意無ければ一切預金は凍結、不動産と同じ扱いになることが予想されます。

良い悪いということではなく、判例変更に沿った形で、遺産分割を経ずに預金を動かす方法を対策として講じればよいのだと思います。

 

コラムブログ スタッフが更新中!